MENU

妊娠後期に利用すると良い便秘解消法とは?

妊娠後期に利用すると良い便秘解消法を相談する家族

妊娠後期に、便秘解消法として、どんな事が必要なのか?

 

妊娠後期に便秘になる原因としては、

  • 黄体ホルモンの影響
  • 赤ちゃんが大きくなる
  • 運動不足
  • 腹筋が弱くなる
  • 貧血予防で鉄剤を飲む

と言ったような事が、妊娠後期の便秘になる原因になる事もあるので、これを解消すると便秘の予防や解消を目指すことが出来るようです。

 

 

便秘の解消法を行う前に、便秘の原因を知ると、対策が摂りやすくなる!?

便秘の解消法には、いくつかの方法がありますが、その前に、なぜ、便秘になるのか?原因を知っておく事で、解消法が効果があるのか?試してみようと思えると思います。

 

この為、まずは、妊娠後期の便秘の原因を紹介します。

 

 

黄体ホルモンが便秘の原因になるのは!?

妊娠すると便秘になる人が多いようですが、その原因は、妊娠に関係するホルモンの「黄体ホルモン」の分泌量が増えるのが便秘の原因だと言われています。

 

黄体ホルモンは、妊娠を維持するのに大切なホルモンですが、それと同時に、腸の動きを鈍くする働きもあります。この腸の動きが鈍くなるので、便秘になりやすくなります。

 

妊娠中以外にも、生理前にも便秘になる人もいます。このような生理前の便秘も黄体ホルモンが原因だと言われています。

 

赤ちゃんが大きくなると、便秘の原因になる

妊娠後期になると、赤ちゃんもかなり大きくなってきています。この為、赤ちゃんが大きくなると、どうしても内臓が圧迫されます内臓が圧迫されると、便が腸をスムーズに移動しにくくなるので、便秘になりやすくなります

 

 

運動不足を克服すると便秘解消につながるのか!?

運動不足の人、運動習慣を持っていない人というのは、どうしても新陳代謝が悪くなり、血流も悪くなる可能性があります。もしも、運動習慣を持って、新陳代謝や血流をアップさせると、便秘が解消しやすくなる可能性があります。

 

 

腹筋が弱くなると便秘になりやすくなる!?

腸内にある便を排泄する為には、「腸のぜんどう運動」を活発にする必要があります。この腸のぜんどう運動が鈍くなると便がスムーズに送り出されずに、便秘になります。このように、腸のぜんどう運動をスムーズに行う為には、腹筋や背筋と言った腸の周りの筋肉を付ける必要があります。

 

 

貧血予防で鉄剤を飲むと、便秘の解消が難しくなる!?

妊娠中は、赤ちゃんの為に必要な栄養も取る必要があり、鉄分不足になって、貧血になる人も多いようです。貧血の状態がひどくなると、鉄剤が医師に処方されて、飲み続ける必要が出てくる事があります。

 

この鉄剤を飲むことによって、胃腸に非常に強い負担をかける事になります。実際に、鉄剤の副作用として、胃もたれ、胃炎、消化不良が起こる人もいます。このように、鉄剤によって、消化が悪くなる事で、便秘になる可能性が高くなります

 

 

妊娠後期の便秘解消法として、何をすると良いのか?

妊娠後期の便秘解消を行う為に、利用すると良い方法としては、どのような事があるのかを紹介します。

 

具体的に、便秘解消にいいと言われているのは、

  • 食物繊維を摂る
  • オリゴ糖を摂る
  • 乳酸菌を摂る
  • 水分を多く取る

と言ったような方法が効果が期待できます。可能であれば、適度な運動も取り入れることが出来ると良いです。

 

以上のような事を意識すると、妊娠後期の人でも便秘解消が期待できます。

 

 

食物繊維を摂って、便秘の解消を目指す

便秘になったら、食物繊維を摂ると良いのは有名なので、「野菜を沢山食べる」と言われます。野菜を沢山摂るのは、色々な栄養が摂れて良いことですが、便秘解消としては、摂り方を間違えると便秘の悪化を起こす可能性があるので注意が必要です

 

食物繊維の正しい摂り方

食物繊維には、大きく分類すると2つあります。

 

具体的な食物繊維の種類としては、

  • 水溶性食物繊維
  • 不溶性食物繊維

と言ったような2種類があります。

 

水溶性食物繊維とは?

水溶性食物繊維とは、水に溶ける食物繊維です。水溶性食物繊維が含まれている食べ物としては、海藻リンゴ果物こんにゃくなどです

 

水溶性食物繊維の働きは、腸内で水分を抱え込んで、有害物質を吸着する事で、便として体外に排出します。また、水溶性食物繊維は、腸内にいる善玉菌の餌になることで、善玉菌を増やす効果も期待できます

 

 

不溶性食物繊維とは?

不溶性食物繊維は、腸内で水分を吸収すると、数十倍に膨らんで大きくなる食物繊維です。不溶性食物繊維を含む食べ物としては、イモ類豆類野菜類などに多く含まれています

 

腸内で、不溶性食物繊維は膨らむことで刺激となり、ぜんどう運動を活発にする効果が期待できます

 

ただし、水溶性食物繊維を摂らずに、不溶性食物繊維ばかり食べていると、腸内の水分が減って、便が硬くなると、腸内のぜんどう運動が行われても便が出ない状態になり、便秘になる可能性があるので注意が必要です。この為、意識的に水溶性食物繊維を摂るのが大切になります

 

 

水溶性の食物繊維がとれる「黒糖抹茶青汁寒天ジュレ」は、コチラ
 ↓↓↓↓↓↓

 

 

公式サイトはコチラ >>> 食物繊維が足りないあなたに【黒糖抹茶青汁寒天ジュレ】

 

 

 

オリゴ糖を摂ると、便秘は解消しやすくなるのか?

オリゴ糖は、腸内の善玉菌の餌になります。この為、オリゴ糖を意識的に食べることで、便秘が解消されやすくなります。

 

オリゴ糖というのは、スーパーで売られているシロップをイメージする人が多いと思います。しかし、スーパーで売られているシロップみたいなオリゴ糖は、シロップが多く、オリゴ糖が少ないです。

 

この為、オリゴ糖を使う場合には、粉状のモノを選んで購入する必要があります。

 

 

安心して飲める天然成分の粉のオリゴ糖は、コチラ
 ↓↓↓↓↓↓

 

 

公式サイトはコチラ >>> カイテキオリゴの公式サイトはコチラ

 

 

オリゴ糖と同時に、「乳酸菌」、「食物繊維」を同時に摂りたい場合は!?

粉の純度の高いオリゴ糖だけでも、便秘解消の効果は期待できますが、それでも不安がある場合には、オリゴ糖以外にも乳酸菌や食物繊維も同時に摂れるモノを利用すると良いと思います。

 

オリゴ糖以外にも、腸内環境を整える、食物繊維オリゴ糖をまとめて摂りた場合は、コチラ
 ↓↓↓↓↓↓

 

 

公式サイトはコチラ >>> 食物繊維や乳酸菌・オリゴ糖で翌朝スッキリ≪Vene DETOXIA≫

 

 

 

乳酸菌を摂ると、便秘に何が良いのか?

乳酸菌を多く取ることによって、腸内環境を良くすることが出来るので、腸内環境の改善が期待できます。乳酸菌を摂る為に、ヨーグルトを食べている人は多いと思います。

 

私も以前は、ヨーグルトを毎日食べていたのですが、「頻繁に買いにスーパーに行くのが面倒」、「冬はお腹が冷えて食べにくい」と言った事もあり、継続が難しかったです。

 

ちなみに、ヨーグルトで、腸内環境の改善に効果が実感できたのは、私の個人的な感想ですが、「カスピ海ヨーグルト」が良かったです。しかし、カスピ海ヨーグルトは高価なヨーグルトであり、冬の寒い時期に食べるのはつらくなりました。

 

そこで、何かいい方法がないかと思い調べて見つけたのか下記のサプリです。

 

 

カスピ海ヨーグルトのサプリメントは、コチラ
 ↓↓↓↓↓↓

 

 

公式サイトはコチラ >>> 善玉菌のチカラで毎朝すっきり。詳しくは→

 

 

 

水分を多く取るのも便秘解消法としては大切なのか?

便秘になっている場合は、便から水分が減って、硬くなっている可能性があります。便が硬くなる理由は、腸のぜんどう運動がスムーズに行われずに、長い時間、便が腸内にあると、便の水分がどんどん失われていき、便が硬くなります。この為、便を硬くしない為には、日々、多めの水分を摂るのが大切になります

 

 

運動として、何をすると便秘解消に効果が期待できるのか?

運動をして、新陳代謝を良くして、血流改善が出来ると、腸内の働きも良くなる可能性があります。

 

この為、運動習慣をもつのが大切ですが、具体的な妊娠後期の人に良い運動習慣としては、

  • ウォーキング
  • 家の掃除
  • ストレッチ

など、無理する事はなく、出来る範囲で運動をすることが大切になると思います。

 

基本的に、便秘解消には、激しい運動は必要なく、有酸素運動で十分です。この為、部屋の掃除をしたり、ウォーキングとして無理なく出来る運動を意識して取り入れると良いと思います。ストレッチも無理がない範囲で、ウォーキングを行いつつ、取り入れても良いと思います。

 

これ以外にも、有酸素運動としては、サイクリングやヨガなどもありますが、お腹の中の赤ちゃんに悪影響にならない有酸素運動を行うように注意する必要はあると思います。